【オンラインサロン「Di-Park」】第7回交流会「ごきげん広場」レポート

2021年5月25日、オンラインサロンDi-Parkの定期交流会「ごきげん広場」を開催しました!

今回のメインテーマは、「チームスポーツの戦略」。

ともに指導者として活躍されているアメリカンフットボールの中村敏英氏とバレーボールの星谷健太朗氏に、競技における戦略の特性や、指導する上で心がけていることなど、さまざまなお話を伺いました。

セットプレーを仕掛け続けるアメリカンフットボールの攻撃では、攻撃パターンが100種類ほど用意されていて、その都度どのパターンで仕掛けるのか、コーチからクォーターバックに暗号で指示が送られるそう。100種類もあったら覚えるだけで大変そうですが、準備段階でしっかりと戦略を共有することで、試合中は思いっきりプレーできるといいます。

バレーボールも攻撃パターンが複数用意されていて、相手コートの状況やデータを考慮しながらセッターがトスを選択するそうですが、その前のサーブレシーブが成功しないと使える攻撃パターンが限られてしまうとのこと。逆に相手の攻撃を不利にするために、いかにサーブで相手を崩せるかが鍵になるそうです。

他にも「サインプレーに従わない選手もいる?」「いろんな目的の人がいるチームでメンバーのやる気を引き出すコツは?」「ジェネラリストとスペシャリスト、どういう人がいるのが強いチームになるのか?」など、他のアスリートやサロンメンバーからもさまざまな質問があがっていました!

ただ試合を見るだけではわからない、それぞれ競技の奥深い魅力を知ることができるだけではなく、数人単位で分かれるブレイクアウトルームセッションでメンバー同士が対話するのも交流会の大事な時間です。そこでは、アスリートが語ったテーマをきっかけに、日々の生活や仕事におけるエピソードもまじえながらアスリートとサロンメンバーが少人数で井戸端会議的に自由に対話を楽しむ時間を過ごし、みんなでごきげんを体感しながら今回もあっという間の一時間半となりました。ご参加いただいたサロンの皆さま、ありがとうございました!

次回は6/22(火)21時〜開催です。

ごきげん広場を含むオンラインサロン「Di-Park」では、一緒にごきげんを育む仲間を随時募集中です。

詳細はコチラhttps://dispo-lab.fensi.plus/page/salon