【イベント告知】「トップアスリートと共に、アスリートのマインドセットを考え、仕事と生活に活かす!」(2019年7月9日)

 
アスリートは、スポーツに取り組む中で様々な経験や挫折、多くのトライ&エラーを通して、ライフスキルが育まれます。ライフスキルとは心を整え、社会を生き抜く力です。しかし、その経験で得たライフスキルを言語化できていないアスリートも多く、せっかく持っている貴重な価値あるスキルを社会に還元できていないと感じてしまいます。そこで、アスリートの持つライフスキルを、社会へ還元すると同時に、アスリートの価値向上にも繋げる取組みを、我々はDi-Sportsと名付けたプロジェクトを始動しました。
頭文字である「Di」には、Dialogue・Discussという対話や議論するという英単語の頭文字を活用しており、Di-Sportsは『会話のスポーツ』、あるいは『話し聴くスポーツ』という誰でもが参加できる新しいスポーツの形として世の中へ発信します。
Di-Sports立上げに当たり、Di-Sports Lab長を務めるスポーツドクターDr.辻󠄀がファシリテーターを務め、プロジェクト立上げメンバーであるフットサル北原亘氏、ブレイキン石垣元庸氏、ラグビー廣瀬俊朗氏の元日本代表3名が登壇し、対談形式のトークショーを行います。
テーマは、「トップアスリートと共にアスリートのマインドセットを考え、仕事と生活に活かす!」と設定し、登壇者がアスリート時代を振返り、マインドセットの意味、スポーツにおける対話の重要性を語ります。
世界を相手に戦ってきたアスリート3名と、スポーツ界、ビジネス界、音楽界など幅広くメンタルサポートをされているDr.辻󠄀との対話を是非お楽しみください。


■イベント名
「トップアスリートと共に、アスリートのマインドセットを考え、仕事と生活に活かす!」

■開催日時
7月9日19:00~20:30

■会場名
日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)
東京都千代田区日比谷公園1-4 B1

■金額
5,000円+TAX

■定員
100名

■登壇者
ファシリテーター
辻󠄀秀一(スポーツドクター)
志は『スポーツは文化だと言える日本づくり』と『JAPANご機嫌プロジェクト』。
北海道大学医学部卒業、慶應義塾大学病院で内科研修の後、慶應義塾大学スポーツ医学研究センターでスポーツ医学を学ぶ。その後、応用スポーツ心理学をベースに個人や組織のパフォーマンスの質を高めるメンタルトレーニングを専門とする。揺らがず・とらわれずの機嫌のいい自然体な心の状態“FLOW〝を自らマネジメントするライフスキルという脳力を高め、するべきことを質高くするFLOW DO ITを推奨する。クライアントはプロアスリートやオリンピック選手はもちろん、アーティスト、企業やビジネスマンなど多数。またスポーツは文化だという理念をスポーツ界、行政、教育界などに広くコンサルティングしている。著書には『スラムダンク勝利学』、『プレイライフ・プレイスポーツ』『自分をご機嫌にする方法』、『禅脳思考』、『リーダー1年目の教科書』、『フローカンパニー』など累計70万冊。

ゲスト①
北原亘氏(元フットサル日本代表)
日本初のプロフットサルチーム初代キャプテン(現名古屋オーシャンズ)を務め、Fリーグ9連覇を達成。2006年時にはリーグMVPを獲得。フットサル日本代表にも選出され続け、W杯にも2度出場(2008・2012年)。クラブでは6年、日本代表では2年キャプテンを務め、現役時代は常にチームマネジメント・リーダーシップと向き合ってきた。現役時代獲得したタイトルは25にのぼる。そのキャリアの中で結果にだけ注力してきた時期もあったが、結果で得られる価値と結果だけでは得られない価値がある事に気付き、結果の先に何を選手として大切にするのかを考えるようになる。
引退後の現在は、企業研修講師や学校教育現場において、自身の経験を通じて得た【キャリア・チームマネジメント・リーダーシップ】の考え方を多くの方に伝える活動をしている。

ゲスト②
石垣元庸氏(元ブレイクダンス日本代表/弁護士)
ブレイキン『一撃』で、バトルオブザイヤー2002年、2005年と日本代表選出。うち2005年は世界準優勝&ベストショーを獲得。元々自己肯定感の低い少年だったが、ダンスを通して、自分の中に『既に』価値があることに気づく。その後、弁護士を志し、司法試験にチャレンジ。ダンスとは全く異なるステージでも、『自分の中の既にある価値』を見出し、磨くことで合格。ダンスで培ったことは社会の中で活かすことができることを体感した。現在、京都で弁護士を務める傍らライフワークとしてダンスを続けている。2018年、ブレイキンがユースオリンピック競技に採用されたことを契機に、JDSFブレイキン部法制委員長を務めた。また、2017年TEDxNagoyaU登壇をはじめ、学生、社会人に向けて、自身の経験(自分の価値への気づき、キャリアメイク、チームパフォーマンス)を伝えるワークショップ等を実施している。

ゲスト③
廣瀬 俊朗(元ラグビー日本代表)
ラグビー日本代表キャプテンとして、二年間エディ・ジョーンズと共にチームのベースを作る。その後、1選手として2015年ワールドカップイングランド大会に参加。南アフリカ戦の勝利に貢献。あり得ないと思われた勝利のために何が必要なのかということに関して、身を以て経験した。日本代表のキャプテン以外でも、中学時代から各世代でキャプテンを務めてきた。選手に対して「いかにして、皆に居心地良い状態を作って、頑張ってもらうのか?」ということを大事にしてきた。自分自身が前に出るだけでなく、それぞれが輝く組織を作ることが理想であるという信条を持つ。
現在は、選手時代に得られた考えを普及するべくキャプテン塾として高校生の指導に携わる。今後は、その活動を拡大しながら、子供達への教育も展開していく予定。また、一般社団法人スポーツボランティア協会代表理事(https://www.sports-volunteer.com)NPO Doooooooo(http://npo-doooooooo.org)理事として、スポーツを支える活動や世界に向けて活動している。