【アスリート定例勉強会】初のオンライン開催!(2020年5月12日)

5月12日、定期的に開催しているDi-Sportsのアスリートたちが集まる勉強会を、初めてオンラインで開催してみました。海外から参加してくださるアスリートもいて、Di-sportsの取り組みがグローバル展開される日も近いのでは!?とわくわくが止まりません。

勉強会では、こういった事態に、改めて大事になってくる「ごきげん」の価値、Di-sportsの活動の柱の1つである「心の大切さ」や「ごきげんの価値」を子供たちに伝えると同時に、改めて「スポーツの価値」を子供たちに伝えようと、その方法について熱い議論が交わされました。

内容のテーマはもちろん、表現方法(対話方式、リレー方式、質問方式・・・・)、デバイス、SNSなどのメディアの活用方法まで、

多くのアイデアが集まり、議論が進むにつれて内容がブラッシュアップされていきました。

 

議論とは平行に、チャットではあるテーマについてのコメントが連投!?

※ご存知の方も多いと思いますが、Zoomは、ビデオ会議をしながら、チャットで会議参加者とやり取りが可能です。

なんと、勉強会当日に参加アスリートの中に誕生日の人が2名も!そしてそれに便乗しておめでたいネタを持ってる方が続々と自己申告。最後には、自分の誕生日を報告しあうという事態に。

まじめな議論をしながらも、この集まりの時間を楽しもうとしているアスリートたち。

厳しい状況にあるなか、ネガティブな話題が多く暗くなりがちですが、アスリートはその時その時を楽しむ方法を知っている!

まさにこの「ごきげんの価値」を子供たちにも体感してほしいと痛感しています。

 

 

今日の勉強会で決まった色々な企画の発信については、近いうちに皆様のもとに届けられるようにします!

また、開催が未定となっている「ごきげん授業」も新しい形で、再開できるよう準備します。

公式SNS(Facebook, Twitter)および、こちらのホームページで随時発表します。

皆様、お楽しみに!

 

■勉強会参加者:

理事メンバ―
辻秀一(スポーツドクター)
石垣元庸(ブレイキン)
北原亘(フットサル)
廣瀬俊朗(ラグビー)
五十嵐雅彦

池田信太郎(バドミントン)
石川直宏(サッカー)
大井一輝(アーチェリー)
金久保武大(レスリング)
小堀宗翔(ラクロス)
佐藤文机子(ライフセービング)
鈴木貴人(アイスホッケー)
都倉賢(サッカー)
NARUMI(ブレイキン)
西山将士(柔道)
平澤岳(アルペンスキー)
廣澤沙綾(水上スキー)
宮地藤雄(マウンテンランニング)