【アスリート交流勉強会】2つのワークショップから学ぶ:自分を内観しよう

アスリート勉強会

2021年1月17日(日)、2021年初めのDi-Sportsアスリートの勉強・交流会をオンラインで開催しました!平日の夜開催が多いアスリート勉強会ですが、今回は週末の早朝に開催。

今回の2部構成は、最初にアスリート同士で対話しながら、自分を内観するワークショップ。後半はDi-Sports Lab長辻秀一氏の講義です。

前半のワークショップでは、自分を内観する「自分をひらがなひとつで表すワーク」と「自分の意味メガネに気づくワーク」を実施。
いずれも、グループに分かれて対話形式で行いました。
「自分をひらがなひとつで表すワーク」は、自分を表すひらがなを一つ選び、そのひらがなを選んだ理由も含めてシェアします。
自分の内側に意識を向けることになり、自己存在感に繋がります。
「自分の意味メガネに気づくワーク」は、お題として出される言葉に対する自分なりの意味を、「◯◯とは、△△である。□□ではない。」という形で説明し、その理由も共有します。
今回は、「成功」「スポーツ」という2つのお題で実施しました。
言葉に対する自分固有の意味づけを振り返ることで、自分の意味メガネに気づき、行き過ぎたべき論や常識に囚われないようにするワークです。
後半は、なぜ「今を生きる」が重要なのか、Lab長辻氏からの講義を受けた後、「今を生きる」に繋がるメッセージが綴られた動画を鑑賞して、感想をシェアしました。
改めて、人生の質を高めるために「今を生きる」と意識することの大切さを学びました。
================
■勉強・交流会参加者
〈理事メンバ―〉
辻秀一(スポーツドクター)
石垣元庸(ブレイキン)
北原亘(フットサル)
廣瀬俊朗(ラグビー)
〈メンバー〉
石川直宏(サッカー)
小堀宗翔(ラクロス)
斎藤里香(ウエイトリフティング)
竹村幸(競泳)
西山将士(柔道)
廣澤沙綾(水上スキー)
藤原里華(テニス)
星谷健太郎(バレーボール)
宮地藤雄(マウンテンラニング)