【ごきげん授業】第1回オンラインごきげん授業開催 23名の笑顔ありがとう!

オンラインごきげん授業

2020年に不定期で開催したオンライン「ごきげん授業」。2021年は月に1度、定期開催いたします。第1回は2021年1月22日(金)に開催いたしました。「ごきげん授業」とは、長年トップアスリート達のメンタルトレーニングを担当してきたDi-Sports Lab長辻秀一氏と、Di-Sportsのトップアスリートたちが「ごきげん先生」となって、対話形式で子どもたちに授業を行います。

今回は、10歳~15歳の小中学生23名が参加。限られた時間のなかではありますが、たくさんの対話が行われました。

【Di-Sports参加メンバー】

<ごきげん先生>

Di-Sports Lab長 辻秀一

西山将士(柔道)

本橋菜子(バスケットボール)

冨田真紀子(セブンスラグビー)

<オブザーバーアスリート>

北原亘(フットサル)

藤原里華(テニス)

【セッションテーマ】

①ごきげんの価値について

②一生懸命の楽しさについて

③文句と感謝について

終了後には、参加者の親御様から嬉しいコメントも届きました。
—————————————————-
長女が参加させていただきました。娘がキラキラしています!
とぉーっても素晴らしい素敵な時間で、本当に凄かった!
ありがとうございました!!
—————————————————-
今回ごきげん先生を担当したアスリートから、参加してくれた子どもたちに向けてのメッセージです。
================
■本橋先生
普段『ありがとう』を考えることってなかなかないと思うんですけど、みんなの『ありがとう』を聞けて、改めて『あ、こんなありがとうもあるな』と思うことができました。すごく楽しかったです。ありがとうございました!
■冨田先生
ありがとうございました。つい一生懸命になりすぎて、家族や周りに対する感謝を忘れてしまったり、当たり前に思ってしまったりすることが多いので、立ち返って『ありがたいな』と思うことのできる良い時間になりました。みんなにとっても、そういう時間になっていたら良いなと思います!
■西山先生
参加してくれてありがとうございました。先生でも、ごきげんを極めるのって難しいです。誰かに怒られたり、失敗して嫌なことを言われたりすることもあるから。でも、常にごきげんを考えたり、みんなとこうやってごきげんの対話をしたりすることで、だんだんだんだんうまくなると思っています。一緒にごきげんを極められるように、頑張っていきましょう!
================
何度も繰り返し体感・対話していくことで、どんどん身についていくので、リピート参加も大歓迎です。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

================

次回以降の参加もお待ちしております。

第2回オンラインごきげん授業:2021年2月12日(金)https://dispo-lab.or.jp/archives/741

第3回オンラインごきげん授業:2021年3月10日(水)https://dispo-lab.or.jp/archives/747