廣瀬俊朗 (ヒロセ トシアキ)

ラグビー

プロフィール

1981年10月生まれ、大阪府吹田市出身。
5歳でラグビーを始め、北野高校、慶応義塾大学、東芝でプレー。
日本代表として28試合に出場。2012−2013の2年間はキャプテンを務めた。
ワールドカップ2015イングランド大会では、メンバーとして南アフリカ戦の勝利に貢献。
ワールドカップ2019では公式アンバサダーとして活動。
国歌を歌って、各国の選手・ファンをおもてなしする
「Scrum Unison」というプロジェクトを立ち上げて、試合以外の部分を盛り上げることに注力した。

現役引退後はBBT大学院で経営を学び、MBA取得。
現在は㈱HiRAKU代表取締役としてスポーツ普及、教育、健康、食、エンタメ活動に取り組む。
昨年はラグビーW杯日本大会の解説をはじめ、TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」への出演。2020年10月からは日本テレビ系ニュース番組『news zero』に木曜パートナーとして出演中。
一般社団法人「スポーツを止めるな」共同代表理事
一般社団法人「APOLLO PROJECT」専務理事
スクラム・ジャパン・プログラム アンバサダー
著書『なんのために勝つのか。ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論』
『ラグビー知的観戦のすすめ』(角川新書)。2児の父。

<好きな食べ物>

1.お寿司

2.フルーツ

3.発酵食品

<ご機嫌の価値>

1.周りの人に笑顔を届けられる

2.良いアイデアが浮かぶ

3.ご飯が美味しくなる

<関連情報>

Twitter

Facebook

Facebook

Instagram

YouTube

インタビュー

辻先生) 今日は理事でもあって、色々一緒に活動してる廣瀬くん。よろしくお願いします。

廣瀬さん) お願いします。

辻先生) 改めてラグビー競技の魅力を廣瀬くんの立場から語ってもらえると嬉しいなと思いますが、いかがですか?

廣瀬さん) 1つ大好きなのが、そのままの自分で活躍できるポジションがあるというポジションの多様性がすごく好きで、大きい人も小さい人も太ってる人も、あとは考えるのが好きな人もあんまり考えない方が好きな人もみんな活躍できる。あとはぶつかるんで、その中で勇気といいますか、チームのためにという思いがすごく如実に出やすいスポーツなのがすごく良いなと思いますね。

辻先生) それは協議をしている上での魅力で、日本中でにわかもファンが増えてきてファンの立場で見るとどんな魅力がある風に思いますか?もしくは見てもらいたいなて思いますか?

廣瀬さん)19年に感じていただいてたのは、多国籍な集団の中で、キツいスポーツなのに、なんでこんなにこの人たちってチームのために体張ってるんだろうという美しさみたいな所に魅力を感じていただいてたかなと。あとは、ボールゲームの要素もそうですし、格闘技な要素も色んなものが詰まってるのが面白いのかなと思いました。

辻先生) そういう意味で言うと、多様性のてんこ盛り的な。

廣瀬さん) そうですね。てんこ盛りですね。

辻先生) 多今年、高校ラグビーの花園、無観客でやりながら、同点の記憶に残るような試合がありましたけど、な花園に関して、あえて思うようなことありますか?今年に限らずとも。

廣瀬さん) 今年は開戦されるかわからない中で、試合ができる喜びとか、あとは余計、相手のことを敬っているようなそんなシーンが多く見えたていうのが、100回目の印象的な感じがしましたね。

辻先生) なるほど。それはもう出来ることの感謝から始まって、ある意味我々が大事にしている非認知的なことを高校生が意識したのかもしれないですよね。

廣瀬さん) 自然にですね。そういうことが意識されて、美しさが出てきたような。そんな印象を受けましたけどね。

辻先生) 感銘を受けましたね。大学は今日これから開設でしょ?

廣瀬さん) はい。

辻先生)どうですか?大学の方の印象は?

廣瀬さん) 大学も去年はコロナで春夏にかけてほとんど試合無くて、結構キツい準備段階でどうなるのかなと思ってましたけど、早稲田は相変わらず勝負強いなと。天理も夏くらいかな、自分たちコロナにかかってしまって、そこで一回色んなことを考えて吹っ切れて来てるというところが。天理が勢いを見せてますね。

辻先生) またそれは楽しみですね。これから始まるトップリーグに関しては何か一言、宣伝を含めてありますか?

廣瀬さん) トップリーグは、ワールドカップ終わってから、去年は途中で中止になってしまったんで、選手は楽しみにしているんじゃないかと思いますし、あとは海外からむちゃくちゃ良い選手が来るので、グレードもそうですし、どんなプレイをしてくれるのかすごく楽しみですね。

辻先生) なるほど。大きな注目ではありますよね。

廣瀬さん) そうですね。またニュージーランドの代表選手がいっぱいいて、各チーム散らばってるので、チームメイトが今度は敵になったりしているんです。

辻先生) 面白いですね。それ。

廣瀬さん) そのあたり面白いと思いますね。

辻先生) 、廣瀬くんは小さい頃はどんな子供だったんですか?

廣瀬さん) 僕はまぁシャイで、あまり外には出ないで、1人で何かやっているとか、ちっちゃいコミュニティでワイワイやってる感じで、あまり人の前でしゃべるようなそんな子供ではなかったですね。

辻先生) 廣瀬くんにご両親はどんな感じで接してたんですか?

廣瀬さん) 両親は教師で、父親が体育で、母親が音楽だったんです。母親は、僕を音楽会に連れて行ってくれたりとか、あとは1人の人間として、フラットに見てくれたところがすごく良かったなと思っています。

辻先生) お父様は厳しかったんですか?

廣瀬さん) あんまり何か言う人ではなくて、割と黙って見守る感じで。

辻先生) お父様は何のスポーツだったんですか?

廣瀬さん) 父親は陸上の短距離でした。

辻先生) じゃあラグビーの専門では無いから、あぁしろ、こうしろて言うような感じではなかったんですか?

廣瀬さん) あぁしろこうしろと言われた記憶は一回もないですね。こんなのもあったんじゃないかと側から見て言ってくれたことはあったけど、あとはお正月、花園連れて行ってくれたりそういうサポートはしてくれたんですけど。

辻先生) なるほどなるほど。弟さんはラグビーやられているんですか?

廣瀬さん) 弟はですね、僕と一緒に吹田ラグビースクールでラグビーやって、大学までやってました。

辻先生) あ、大学までは、やってたんだ。

廣瀬さん) はい。大学は東農大に行ってて、ラグビーやって醸造学科で、そこからサーティーワンアイスクリーム行って、やめて料理人になると言って、フランス1年間修行行って帰ってきて、今吉祥寺で、雇われですけど、レストランでシェフしてますね。

辻先生) そうなんだ。すごい。アーティスティックだね。2人はなぜお父様は陸上だったのにラグビーやったの?きっかけは、スクールが近くにあっただけ?

廣瀬さん) スクールがたしかに身近にあったていうところと、ラグビー盛んな地域だったので、集団スポーツをやらせたかったみたいですね。最後は1人になってしまう陸上競技よりもみんなで何かをやりながらていう方をやった方がいいんじゃない?ていう親の方針で、ラグビーになりました。

辻先生) 最初のラグビーの印象はどうだったんですか?覚えてますか?

廣瀬さん) 最初は、とにかく日曜の朝にラグビースクールに行くのが嫌で嫌でしょうがなかったんです。 何で行かなあかんねんて思ってた。

辻先生) そうかそうか。楽しくなり始めたきっかけは何?

廣瀬さん) 友達ですね。僕10月から入ったんで、ラグビースクールは4月からスタートで、半年経って、みんな楽しそうにやってる中、後から入るのが本当に嫌だったんですけど、コーチを含め温かく迎えてくれてですね。エンジョイラグビーがテーマで、ほんまに楽しくやろうて。で、好きになっていきましたね。

辻先生) 競技力的には、すぐに頭角を表すという言葉が良いのかわからないんですけど、どうだったんですか?

廣瀬さん) ラグビースクール自体がそこまで強くなくて、僕もそんなにうまい記憶は無いんですけど、小3、4くらいになるとある程度上手かったようなことは言われましたね。

辻先生) チームの中における役割はその頃からリーダーシップ的な片鱗はあったの?

廣瀬さん) 僕の思いでは、全然無いですね。プレイで少し引っ張れるというのはありましたけど、それ以外のところで、オフフィールドで引っ張ってたかと思うと、そうではないと思います。

辻先生) dispoは子供のご機嫌を大きなテーマにしてますけど、ご自身もお子様がいらっしゃって、教育ていうところを親として考えることもあると思うんですけど、dispoの活動も含めて、何か廣瀬くんが思っている課題感とか、思いみたいなものって何?

廣瀬さん) 僕自身は、母親に大事にしてもらった、自分の意見を聞いてもらったていうのがすごく大きかったなぁと思うので、子供にも出来るだけたくさん聞くようにするていうのはすごく大事にしています。あとは、いつもどうありたいの?ていう話は本人にはしてて、その時に答えが出なくても良いのかなと思うんですけど、なんとなく、こんな風にありたいかな、ていうきっかけをたくさん作りたいなていうのがあります。あとは、課題としては、ちょっと強制的にやらせないといけないところが出てくるかなて思って、そこのバランスみたいなところがちょっと悩ましいなて思ってます。

辻先生) そうね。それは人間の生きるって、何をどんな心で、心の部分は自由性があるんだけど、何をっていうのは、必ず規定されていて、赤信号は渡ってはいけない、道路につばをはいてはいけないていうのがあるし、でも感情や考えは心の自由性で、この2面性で人間の生きるはできてるからね。あえて言うと、心の自由性を育むようにするのが支援の力で、行動の良し悪しをちゃんと理解させるのは指示の力っていうので、指示と支援のバランスは、永久のテーマだと思うんだよね。

廣瀬さん) なるほど。

辻先生) どっちかがゼロゼロになっちゃうのがいけない。だから必ずいつも指示が9、支援が1。指示が1、支援が9、同じ子供でもバランスが変わるし、指示増やした方が良いという場合もあるし、だけどゼロになってしまうと、もう明らかに人間の生きるを無視したことになってしまうから、そこが重要な気がしてますけどね。世の中の教育の見られていて、課題感みたいなのはありますか?周りの保護者とか、他のお仕事上でもいいですし。

廣瀬さん) そういうと、指示、支援のバランスは良くないんじゃないかなて思うのが1つと、自分の体験、経験を正義、正解だとちょっと思いがちな傾向がある所がひとつあるかなて思いますね。

辻先生) そうね。押し付けがちになってますよね。

廣瀬さん) あとは授業を見てると、やっぱり対話っていうものがまだまだ少ないなて。これは大変で1対30とかになるとしんどいとは思いますけど、もっともっと対話をしながら進めていく必要があるんじゃないかなていうのは思います。

辻先生) 良い話ですね。メンタルに関して、どのように捉えられていたのか、もちろんジャパンで荒木さんとの出会いとかあると思いますし、もともと目に見えない心の大切さみたいなものにどこに気付いたとか、気づけなくて失敗したとか、その辺はどうですか?メンタルのことに関して触れると。

廣瀬さん) 割と昔から、一貫性というか、無茶苦茶ブレる選手では無い気がしていて、そういう意味ではうまく気持ちを整えられるような選手だったのかなという前提はあります。とはいえ、色んなことが起こる中で、どんな気持ちでやるのか、それをどうとらえて、コントロールできることとできないこと、というようなことは、色んな時に学んできたなという気がしますね。東芝のキャプテンの時に不祥事が一回起きて、どうなってしまうのかいろんなこと言われてましたけど、チームメイトに今自分たちが出来ることをコントロールすることが1番大事と言われて、その時に気持ちもスッキリしたというのが良い経験だったなと思いますね。

辻先生) メンタルは目に見えない人間の1つの、機能をレギュレーションしてるファクターではありますよね。なそれこそ、全く知らない人にテレビでインタビューされて、廣瀬さんが大事にされているメンタルって何ですか?て言われたら、どういう風に言うんですか?

廣瀬さん) 辻先生のどんな気持ちで何をやるかがすごく好きで。

練習もそうですし、物事も、どんな気持ちでやるかで、パフォーマンス変わってくるんじゃないのっていつも思ってますし、どうせやるんやったら楽しくワイワイやったほうが、効果や内容もよくなりますし、もし成果が出なかったとしても、また次につながるんじゃないかなていう話はしますね。

辻先生) なるほど。それはありがたいし、良いですね。その通りでございますよ。ありがとうございます。

廣瀬さん) いや、こちらこそ。

辻先生) その気持ち、メンタルていうものを1つの表現方法として、dispoはご機嫌ていう言葉にしてるんですけど、ご機嫌ていう言葉の印象とか、廣瀬くんがとらえる概念ていうところで言うと、明るく楽しくと言うような表現をしていると思うんですけど、ご機嫌ていう言葉のニュアンスはどのように捉えていますか?

廣瀬さん) ニュアンスは、そうですね、明るく楽しくとか。周りを含めてみんなで楽しくやってやろうみたいな雰囲気になっていくと思います。僕としては、自分に対してでも良いですし、周りに対してもすごく良いんじゃないかなと思うので、ていうところはすごく良いなて思いますし。あとは、子供を見てると、1日何百回も笑っているような気がして、何でこんなに笑う回数が子供と違うんだろうて思うような。すごく思うんですよね。

辻先生) よく僕がご機嫌ていうのを、認知的に不機嫌性でストレスの多い大人にご機嫌の話をすると、やることやらないでビール飲んで、ゲームやっていることは、偽ご機嫌、偽フローな逃げる、向き合わないことによるご機嫌って逆に誤解されることもあるんだけど、その誤解性みたいなものはどう思いますか?

廣瀬さん) なるほど。確かに。物事に対して、どういう態度でやっていくのかていうのが、きっとすごく大事で、そこに挑戦とか今までやれてなかったことをやろうってことをご機嫌でやれると、さらに自分自身が磨かれていくような気がしますし、きっとそれが奔放の楽しさ、充実感なんじゃないかなていう気はしますね。

辻先生) だから、その大前提の向き合う部分が、抜け落ちちゃうと、偽ご機嫌に誤解されてしまうから、向き合うことの、それは困難の場合もあるし、いろんな目の前のものである場合もあるし、向き合うことの大事さみたいなものをどう教えていったら良いと思いますか?どう学んでいったら良いと思いますか?

廣瀬さん) 最終的に思うのは、自分の在り方、生き方だと思うので、何かに挑戦し続けるとか、目の前のことを一生懸命やる生き方がかっこいいんじゃないかなと思うので、ちょっとずつでもやると良いんじゃないかなていうことを伝えられたらと思いますね。

辻先生) やっぱりそこに帰着しますよね。どうありたいのか、beingみたいな事ですよね。ご自身がご機嫌で日々生きるために日々工夫していることはありますか?

廣瀬さん) 基礎的なことかもしれないんですけど、良いご飯を食べて運動して、出来るだけ最近寝るということもこの3つを大事にしてるのと、何気ない瞬間に感謝するみたいなこととか、子供も腹立つなと思う時もありますけど、居てくれるから色んな感情になれるし、自然に触れられるとご機嫌になるというところがあるので、僕としては今海の近くに住んでいるので海行って、リフレッシュするのを大事にしています。

辻先生) 良いですね。dispoには面白いアスリートたちがたくさんいて、リアルで今まで会えてたのが会えなくなったりしてますけどここに集まってきてくれてるdispoのアスリート印象はどんな感じ?

廣瀬さん) とにかくみんな楽しそうという印象ですね。そんなに何回も直接お会いしてない人もいるんですけど、こうあったかいし、居心地が良いですし。それでいてただ単に楽しいという要素もあるんですけど、学びという要素も入ってくる、すごく素敵な所だなと思いますね。

辻先生) みんながみんなまだアスリートがこういう感じを醸し出せるわけでも無いよね。まだ。

廣瀬さん) そうだと思います。特にありがちなのが、俺のやり方が正しいじゃないですけど、マイウェイを貫きがちな事が多いかなと思いますけど、ここは寛容性があると言いますか。何でもありだねみたいな。まさにフローみたいな、そういうのがすごく素敵だなと思います。あとは、ラグビーも男女両方あるんですけど、僕のところは結構男子が多くなってる中で、女子アスリートもたくさん、競技の方もたくさんあるし、すごく新鮮な気がしますね。

辻先生) 多様性のあるラグビーからさらに多様性のあるアスリートたちになってきてるからね。dispoも最初は理事は男性ばっかりですけど、それじゃやっぱりいかんて思ったんで、女性アスリートたちに言ってみると、意外にご機嫌の感度は女子アスリートの方が高いところもあったりしてね、学べることはいっぱいあるからね。競技も確かにたくさん多様性があるので、学べるものもたくさんありますよね。じゃあご機嫌授業と、オンラインサロン、対話っていうのをベースにした、我々の活動に関してどのように思われてますか?

廣瀬さん) まず、全体感としては、コロナ禍というところもありますけど、余計僕らの活動は、存在意義を増してるんじゃないかなと思っています。子供のうちからご機嫌とか、対話の大事さみたいなところを体感してもらえるのがめちゃくちゃ大事だなと思うので、そこは継続的にやっていけたら嬉しいです。12月行かせていただいたんですけど、

逆に僕らが楽しくて、ご機嫌で。

辻先生) ほんとだよね。こっちがエネルギーもらうもんね。

廣瀬さん) そうなんですよ。なので逆にいただいて、ありがたいなと。彼らは別にただ単にご機嫌になって帰っていくだけなんですけど。

辻先生) そうだよね。。

廣瀬さん) それはいつも面白いなと思いますし、そんな子供が増えたところで、大人が認知的だったら、僕は広がりが少ないのかなと思っていて。もしくはこの活動をもっともっと広げるためには、僕らと同じ思いを持っているような大人たちが必ず必要なので、大人に対して、オンラインサロンという手段を用いて、この活動を広めていく一方で、すごく大事なことだと思っています。

辻先生) そうだね。大人がちょっとずつ気づき始めてる気はするけどね。でもまだオフィシャルに堂々とは、なかなかやりにくい所があるから、それを僕らが支援して繋がっていければ良いよね。

廣瀬さん) まさにその通りだなって。自分の活動でもそうなんですけど、もっと自分らしくとか、自然とともにみたいなそういうものを広めていこうというのをやりたいんだろうなと感じてます。そういうことを思っている大人が少しずつ増えていますし、きっかけ次第では、このコロナ禍において「あ、なんかいろんなことを我慢してたんや」て気づいてる人がたくさんいるんじゃないかなと。ここから広がっていくんじゃないかなていう気はなんとなくは、ぼやっとしてはいますけど、ありますね。

辻先生) ちょっと背中を押したりちょっと手を握ってあげると、勢いづく感じはあるよね。きっかけに。

廣瀬さん) そうなんです。なので、なんか取り柄になれたら良いなていうのは思っていて。子供には教育。あとご年配の方々、これからたくさん出てくるわけで、その人たちもうまく巻き込めると良いエコサイクルみたいな感じになっていくのかな、そこは何かひとつヒントなのかなと。広がるということにおいて。

辻先生) たしかに。エコサイクル、その年代も巻き込まれてね。本来は人間の生きるは、そこも含めた多様性だからね。男女の多様性、国籍の多様性もあるけど、年齢の多様性もあるから。認知だけの暴走、まさにエゴの世界だから、非認知性を多様性を持って作る社会構造するのが、それがエコの感じにすごく繋がっていくので、エゴとエコていう。

廣瀬さん) 面白いですね。エゴとエコ。

辻先生) そうでしょ。点があるか無いかだけで、こっちは濁っていくわけですよ。エコな社会をしたいよね。それはただ単純にペットボトルの話とかレジ袋の話だけじゃなくて、精神性というか、生き方というか脳のエコの人間を増やしていくのはすごく大事な気がするよね。自然体だからね。自然体じゃないとエコじゃないからな。

廣瀬さん) そうなんですよ。まさに。

辻先生) ほんとほんと。それはそうだ。まず自らが自然で生きることが大事だからな。廣瀬くんdispo以外の活動もたくさんされているので、今後のビジョンというか、目標とかよりはどちらかというと、大きな視座みたいなものをいくつか紹介してくれると嬉しいですけど。

廣瀬さん) 1つはアスリートとして、社会との接点が増えて、アスリートの可能性みたいなものを開いていけたら嬉しいなと思っていて、リーダーシップもそうですし、dispoもそうかなと思ってますし、スポーツ界の中でも今B.LEAGUEのキャプテンをやらせてもらったり、掛け合わせすることによってお互いにとって良いことあるんじゃないかなみたいな、こういうことをやっていけたらなて。でもBリーグの試合がどっかで一緒に行けたら良いですけどね。教えていただければと思いますけど。

辻先生) バスケットの印象どうだい?

廣瀬さん) この間コートレベルで試合見たんですけど、めちゃくちゃ面白かったですね。めちゃくちゃスピーディーで。

辻先生) ハンナリーズ見たんだっけ?

廣瀬さん) ハンナリーズ見たんですけど、コートレベルの。その前に千葉ジェッツと、関西も行きまして、

辻先生) 結局バスケって、狭い領域の中で、いかにギャップを作るか、高さのギャップ、スピードのギャップ、ポジションのギャップ、役割のギャップを作り上げることを高性能にやってるのよね。だから一見ぐちゃぐちゃしてるようなんだけど、それをすごくやっている。だから、あらゆるスポーツの僕は原点になるんじゃないかなて僕はすごく思っているので、うちのバスケ全然知らない秘書の女の子に見せに行った時に何であんなにぐちゃぐちゃしてるんですか?て言うから、いやいやあの中に、ギャップを作りあってるていうことがわかるとすごく面白いんだよていう話をして、ちょっとずつ解説しながら見たから、本当に今度見に行きたいですよ。ラグビーも。一緒に。

廣瀬さん) はい、逆に。

辻先生) 他はどう?

廣瀬さん) チーム、フェアプレイみたいな。あとは、地元ならではの動きみたいなのも必要なのかなと、地産地消ではないですけど、ここにしかないもの、ここでしかできないものにここにいる人たちが好きなって、応援していくみたいな。そういうのが大事なのかなと思っていて、それが各所で産まれていくみたいなこととか、あとは、フェアプレイ上たくさん良いことをやられている人がいるんですけど、その人たちって職人的なところもあって、あまり広がることをやりたがらない、もしくはやらない人たちが多いんですけど、その人たち同士が固まって、掛け合わせみたいになったら、面白いものが産まれていくんじゃないかなって。

辻先生) あぁ。たしかに。なんか勿体無いね。

廣瀬さん) で、その人たちって、僕の中で自分らしい生き方をしているような人たちなので、認知的な人が増える事に対して、困難な生活もあるんだと。最終的には、自分のライフスタイル、生き方を発見したりシェアしたり、それを楽しむみたいな、そんなものをdispoはその対話バージョンで、ある場合は、プロダクト、生産でしていくみたいなものができたら面白そうだなと何となくは考えています。

辻先生) それこそ廣瀬が作りだすエコワールドだな。

廣瀬さん) まさに。はい。そんなものを作れるとすごく楽しそうだなと思ってます。

辻先生) ということで、廣瀬くんのインタビュー終わりたいと思います、今日もありがとうございました。

廣瀬さん) ありがとうございます。